播磨町|糖尿病内科・内科・眼科 たてやクリニック|代表的な目の病気-加齢黄斑変性症

 糖尿病内科・内科・眼科 たてやクリニック
お問合せ
TEL.079-437-0117

代表的な目の病気

眼科

Ophthalmology

加齢黄斑変性症

一昔前は不治の病でしたが、最近では抗VEGFという薬があり
症例によっては劇的に改善するものもあります

最近iPS細胞がらみでこの病気の名前をニュースで聞かれたことがある方も多いとは思います。

この病気の名前は、3つの部分からできており、加齢(ご高齢の方)黄斑(網膜の中心部分/ここが病気になると見たいものが見えなくなる)変性(その部分が変性する/ここでは黄斑が変性することをさします)で、加齢黄斑変性なのですが、眼科にとっては悪性の病気です。

とはいうものの、命がなくなるわけではありません。眼科で悪性というのは急激に視力が低下し、回復しないという意味です。

 

一昔前は不治の病でしたが、最近では抗VEGF薬という目の中に直接注射する薬があり、症例によっては劇的に改善するものもありますが、不幸にも全く変化がない方もいます。

初期の症状としては、見えにくい、なんかぼやける、ゆがむなどがあります。片目になることはあまりないため、かなり進行した状態で発見されることも少なくありません。

見え方の違和感があれば、日ごろから片目ずつチェックする習慣を持ちましょう。

当院では黄斑の断層写真をとり、加齢黄斑変性がないかチェックできるOCTという機械があります。ご心配な方は一度ご相談ください。

加齢黄斑変性症のイメージイラスト

糖尿病内科・内科・眼科
たてやクリニック
明石・加古川エリアのみなさまの「かかりつけ」クリニック
〒675-0156 兵庫県加古郡播磨町東本荘2丁目6-9

たてやクリニック
診療時間表

眼科診療は2022年3月まで火曜の午後は不定休となります。
また、眼科診療は2022年4月より第2・第4の火曜の午後は
休診
となります。

お問合せTEL 079-437-0117
パーキングアイコン当院専用駐車場25台 完備!
交通アクセス
【最寄り駅から徒歩で】
交通アクセスリストマーク 山陽電鉄「播磨町駅」より徒歩7分
交通アクセスリストマーク

山陽電鉄(各停+直通特急利用)

「明石駅」から「播磨町駅」13分

【お車でお越しの場合】
交通アクセスリストマーク 明石西インターチェンジより11分
339 764 244*10
お知らせ
ネット予約